BLOG

Parts

時代の流れ 樹脂製パーツのご案内

2021.02.27

過積載ダメ絶対。
 
そんなことは当たり前ですが、法令遵守が強く言われています。
 
トラック架装もトレーラー架装もできれば軽いものを使って経済的なものにしたいですよね。
 
経済的というのは、部品が安いだけでなく、積載量が取れてそれだけ運賃が取れるという意味もあります。
 
だけど、チープな物は嫌。
 
せっかく車に乗るから、機能的でなおかつかっこいいものがいいなぁ、となったらこれです。
 
樹脂製パーツ
 
樹脂製フェンダー樹脂製サイドバンパー樹脂製工具箱。All Made in Italyです。
 
高橋ボデーはSNSでもずっと言ってきましたが、樹脂製パーツをオススメしています。
 


 
ちょっと前までは、ステンレスのフェンダー、ステンレスのサイドバンパー、ステンレスの工具箱。
 
何でもかんでもステンレスでした。
 
ステンレスって何がいいの?って話ですが、最大のメリットは錆ない。錆びないからステンレス。
 
樹脂も錆びません。鉄使ってませんからね。
 
ステンレスと樹脂って比べたら当然樹脂の方が軽い。
 
もう言わなくてもわかると思いますが、軽くなった分だけ経済的ですね。軽くなった分、荷物運べますから。
 
見た目もこの通り、とてもスタイリッシュ。
 
HARDOXのセミトレーラー
 
ヨーロッパな雰囲気が出ています。
 
スウェーデン鋼 HARDOX®を使ったボデーと樹脂製パーツは機能的にも見た目にも相性が良いと思います。
 
スウェーデン鋼にする意味をしっかり理解してくださっているドライバーさんが樹脂製パーツを選択してくださっている印象です。
 
ここ数年でとても増えました、樹脂製パーツ。これは時代の流れですね。
 

\\\ 髙橋ボデーのInstagramをCHECK! ///

 

 

ページトップ

054-345-8385